筒井法律事務所

不動産トラブル


このようなお悩みはありませんか?

  • 新社屋を建築したが、瑕疵があった。建築業者に対して損害賠償を請求したい。
  • 工場建設用地として購入した土地の地中から、大量の産業廃棄物が出てきた。
  • 隣接地所有者の建造物が当社の所有地に越境して築造されている。撤去させたい。
  • 近隣居住者から騒音対策を行うよう求められた。どのように対応すべきか。
  • 借地権付の建物を売却したいが、どのような手続きが必要か。


筒井法律事務所の特徴

当事務所では、不動産売買取引に関する法律相談や賃貸人としての賃料回収、建物の明け渡し請求に関する法律相談など、幅広く対応しています。
不動産の問題においては、被害が大きくなる前に食い止め、迅速に賃貸物件を正常なサイクルに戻すことが求められます。

不動産の契約は長期間にわたることも多く、所有者の変更や相続がかかわると、法的な問題点がより複雑なものとなります。
不動産売買に関しては、契約締結前に確認することが難しく、そのために発生してしまったトラブルが多く見受けられます。また、売主に責任追及できる期間が、契約において非常に短く設定されているケースもあります。

当事務所は、司法書士や土地家屋調査士などの専門家とも連携しているため、登記や測量等、不動産に関する諸手続が必要な場合であっても、スムーズに対応することが可能です。
これまで不動産オーナー様や不動産管理会社から、多くのご相談を承ってきました。
培ってきたノウハウと知識をもとに、より良い解決を迎えられるよう尽力します。